スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷくぷくと二人カフェのこと。

cafe


うちの近くにオープンしたばかりのカフェ。
散歩の途中でぷくぷくと二人、寄ってみました。


おとなしくしていてくれるかやや不安だったものの、なんとなく
今日はいけるような予感が!


予感は的中。ちゃんとソファに座っていてくれ、二人でまったり
ブランチタイムを過ごせました。


おしゃべりしたり、本を読んだり(子供の絵本)、散歩途中で撮ってきた
写真を一緒に見たり。クラブサンドウィッチをわけわけして、モグモグしながら
楽しいひととき。


すると、オーナーらしき人がやってきて、お店で販売しているマグカップを
プレゼントしてくれたのです。やったあー。


オープン祝いの記念品として、ハンドドリップのコーヒーパックももらったので、
家に帰ったら、そのマグカップでまたコーヒータイムができそう。


久々にキッズカフェじゃないカフェで、ぷくぷくと一緒に楽しい時間を過ごせた!
それだけで既に今日一日分の幸せGETです。
スポンサーサイト

赤い木の実のこと。

akai mi to pukupuku


小さな赤い実がなる写真の木、これはトキワサンザシというんでしょうか・・・?
子供の頃、この実をぷちぷちとるのが好きでした。
ぷくぷくもやはりぷちぷちとるのが好きで、この木の前を通る時は
いつもしばし立ち止まって、ぷちぷちっとやっていました。


先日久々にこの木の前を通りかかったところ、もう既に季節は終わったのか、
実は全てしわしわに縮まり真っ黒になっていました。


さようなら、また来年。

ぷくぷくの成長、そしてパエリアのこと。

paella


1歳を過ぎてからのぷくぷくの成長ぶりは目に見張るものがあり、
できることも一気に増え、今まで以上に一緒にいることが楽しくなりました。


体も大きめですが、言葉や行動の成長も早いようで、二語会話をはじめ、
「痛い」「嫌だ」「もっと!」などの意思伝達、コップで水を飲む、
スプーンで食べるetc...
もかなりできるようになってきたため、私も少し楽に。
赤ちゃん時代の一番大変な時期は過ぎたかな?(違いますか??^^::)と
思う今日この頃です。


でも、前にも増して大変になったこと、いや。最近ほぼ不可能の域に
入ってきたこと。それがレストランでの食事。


自由に歩けるため、好奇心の赴くままにふらふら行ってしまう。
「おいで」「ママの横にいて」など、全部理解してはいるものの、
ママの言葉はぷくぷくの好奇心の前では何の役にも立ちません(^^;)

座敷スタイルで、空間が仕切られているレストランならまだギリギリ
いけるものの、イスタイプの、しかもオープンスペースなレストラン
だと、もうどこまででも行ってしまう(笑)


楽になった部分もあれば、しんどくなった部分もあり・・・。
子供の成長にはこれがずっとつきものなんだろうなあ。


で、写真は週末、お友達と食べに行ったパエリア専門店で。
久々に会う友人も何人かいたので、話したいこともたくさん。
美味しいパエリアもがっつり食べたい!
というところでしたが・・・・ろくに食べることすらできず、
ぷくぷくに振り回されただけで終了・・・でした(泣)


ちょっぴり悲しいママでしたが、でも帰り道。
うさぎのカバンを片手にぴょこぴょこ歩きながらママの
顔を見上げ、ニコっと微笑むぷくぷくを見ると、やっぱり
すぐに幸せな気持ちにさせられてしまうのです。


どんなに大変でも、幸せをくれるのは、やっぱりコドモだったり
するようです。


包みもののこと。

furoshiki


仕事で韓国のチョガッポ(※1)作家さんや、ポジャギ(※2)の展示空間などを
たくさん取材しているうちに、包むモノの魅力に気付きました。


風呂敷文化(つまり、何かを包む)は日本も韓国も共通。とても身近なモノなのに、
なんとなくお年を召した方が使うもの、というイメージがあり、自分で使ってみよう
なんて、あまり考えたこともありませんでした。


でも、その魅力に気付いた今、「何かを布で包むこと」がとても気になっています。
韓国らしさ溢れる、繊細なパッチワーク入りのポジャギを作ってみたいな、と思いつつ、
なかなか時間も技術も追いつかないので、手元にあるモノで、「包むこと」を
始めてみました。


写真は、以前お仕事でお世話になった方から頂いた日本てぬぐい。
お友達のおうちにお呼ばれしたときに、手作りおかずを入れたタッパーを
包んでみました。上手に結べないのもまだまだ初心者だから(笑)
でも、そのままむきだしで持参するより、品もよく、かわいく見えるので
ちょっと嬉しくなってしまった私です。


次は何で包んでみようか、そんなことを考えるのも、最近の小さな楽しみです。


※1:チョガッポ→韓国パッチワーク
※2:ポジャギ→韓国風呂敷

久しぶりのビーフシチューのこと。

beef stew


たまに近所に住むお友達同士集まって夕ゴハンを食べますが、今日はうちで。
最近ずっとシチューが食べたかったので、ビーフシチューを作ってみました。


シオモニに頂いた牛肉と、有機野菜でぐつぐつ1時間半。
やはりしっかり煮込むと美味しくなるよう。


子供が産まれてからは、ぷくぷくに食べさせるだけで満足してしまい、
どうも自分の食事がおろそかになりがちです。
なので、お客さんが来てくれると、しっかり作り、しっかり食べられ、
しかも、お友達とお話して楽しいだけでなく、自分の健康にも良い、という、
実はいいことづくめだったりして。


久々にビーフシチューも食べられたし、満足満足。

天むすのこと。

テンムス。


最近、お友達のおうちに招待されると、いつも作って持参する天むすです。
エビをみりんと醤油で炒め、てんかすであえる→ごはんでくるむ→海苔を巻く。
とても簡単なので、忙しい時に重宝するレシピです。
ゴハンは素のままで、韓国海苔(減塩のものがちょうど良い)で巻くと、
程よく塩味も効き美味です。


「名古屋の人は家でも天むす作って食べるの?」と必ず聞かれますが、
・・・食べません。

Kids Cafeのこと。

kids cafe


もともとcafeなる場所は大好きで、まだ子供のいない頃は、カフェで一人、
仕事をしたり読書したり、街行く人々を眺めたり。
贅沢な一人時間を過ごしたものです。


私が好きなのは、静かな音楽が流れているカフェ。classical musicか
JAZZだったりすると最高です。


でも、子供ができた今、よく行くのは・・・Kids Cafe。
アップテンポの音楽に、明るい照明、決してくつろげるはずのない類のカフェなのに、
子供が夢中で遊んでくれるおかげで、実は一休みできてしまうという。


食事もでき、お茶もでき、最近気に入っています。

ひなまつりホームパーティーのこと。

HINAMATSURI


海外にいるからこそ、日本の行事は大切にしたいと思っています。
そこで、雛人形を囲んでうちでホームパーティーでも開いてみました。


お料理上手なお友達ばかりで、美味しいメニューで食卓が埋まり幸せ^^


私もフランス風ソーセージサラダとベーコンツナスパゲティ、
そしてインチキブラウニーでおもてなし。


わいわい楽しいひとときになったものの、ひな祭りの歌を歌うのも忘れ、
ただのランチパーティーに。まあ・・・いっか。
プロフィール

Kanon758

Author:Kanon758
名前:松田カノン。
職業:Asian Culture Writer
著書:「ポップトリップ☆ソウル」(ソフトバンククリエイティブ)
「ソウルで見つける!私の行きつけのお店」(シンコーミュージック)
「ソウルまるごとお土産ガイド」(産業編集センター)
そのほか、雑誌やネットでの執筆、ラジオ出演など多数あり。
好きな世界:アジアが大好き。特に、中国、韓国、日本。
家族:ダンナと1歳の娘ぷくぷく。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。